自分でできるねずみ退治の方法 - ねずみ退治で有効的なのは

自分でできるねずみ退治の方法

subpage01

もし、自宅周辺でねずみが出現し、その姿を見かけたり、何かをかじられるなどの被害がでている場合には、できるだけ早く、対策をとることが大切です。



ねずみ退治は駆除業者に任せるのが確実に駆除するという意味ではメリットがありますが、ただ、費用がかかってしまいます。
自力で駆除を試みる場合は、すぐに対策をとることができ、費用も抑えることができますから、まずは自分でねずみ退治を行ってみるのをおすすめします。


自力でネズミ退治を行う場合には、市販の商品を活用して、駆除と防止を行う必要があります。



すでに家の中にねずみが入り込んでいる場合には、ねずみを駆除する方法と、遠ざけ入ってこないようにする方法の2つの対策があります。


ネズミを入ってこないようにするのは、予防のための措置ですが、駆除と平行して行うことで、より効果を発揮します。

日本経済新聞の最新情報を紹介しています。

家庭で使える駆除グッズには、バネ式の罠やカゴ式の罠、粘着シート、毒餌などがあります。
バネ式の罠は、設置が簡単で、何度でも使えるというメリットがありますが、ネズミの通り場所に設置しないと意味はありません。カゴ式の罠は、設置に場所をとり、生け捕りにする形となりますから、その後の処理が必要になります。粘着シートは、ネズミの通り道に設置して、粘着シートに生きたまま捕獲するタイプなので、その後の処理が必要となります。餌で引き寄せるわけではないため、通り道に的確に設置する必要があります。

毒餌は、古典的な駆除方法で、効果がありますが、幼児やペットが誤って食べてしまわないように、注意が必要です。