ねずみは害獣であり、退治の必要性があります - ねずみ退治で有効的なのは

ねずみは害獣であり、退治の必要性があります

subpage01

ねずみは小型の動物ですが、立派な害獣、要するに人家に被害を与える獣です。



縄文時代の頃から天敵であり、彼らの悪事によって倉庫の備蓄米が全滅させられた事例も多かったようです。
そのため、ネズミ返しなる建築様式が生まれ、高床式倉庫を誕生させました。現代でも住まいや倉庫が高床式であれば、ねずみの被害は減るかもしれませんが、それでは普通の暮らしがやりにくいです。

また倉庫でなくても、現代の家にはお菓子や食料、災害用の備蓄が置かれています。


害獣はそういった貴重な食料を狙って人家に侵入します。ねずみを退治する方法として挙げられるのは猫を飼育する事です。


しかし、猫アレルギーの方だと残念ながら飼育が難しいです。また猫にもネズミ嫌いな個体があり、猫を飼育したからといって害獣退治が百パーセント成功するとは限りません。



害獣の面倒な点は単に食料を荒らされるだけではなく、人家に進入する事で自宅内がとても不衛生になる点です。

多角的な視点から東京新聞情報を利用してみませんか?

当然ですが、野山で暮らす害獣の身体には細菌や病原菌、ウイルスなどがびっしり付着しています。

人家の中を隈なく移動されますと、そういった微細なものが撒き散らされ、病気などの重大リスクを誘発します。ねずみは繁殖力と生命力が強い害獣です。

発見次第、退治しなければドンドン個体を増やしていきますので、決断の後回しはなるべくやめて、早め早めで手を打ちたいところです。
退治用のグッズはホームセンター等に並んでおり、個人でも駆除は十分可能です。